設計

し尿処理施設・汚泥再生処理センター

し尿処理施設・汚泥再生処理センター

汚泥再生処理センターとは、従来のし尿処理施設の役割であるし尿・浄化槽汚泥の衛生処理のみならず、汚泥の有効利用が可能な再生・資源化設備を加え、循環型社会構築を可能とする施設です。また、従来のし尿処理施設においては、平成22年度から施設整備に伴いCO2削減が見込める事業については、循環型社会形成推進交付金の支援が受けられます。

基本計画・基本設計

基本計画では、施設規模や処理方式など、計画施設の基本的枠組みの設定をうけて、「公害防止計画」や「施設諸元」、「基本配置図」、「概算事業費」、「整備工程計画」、「運営管理計画」などの細部の検討を行います。
基本設計では、基本計画で設定した計画諸元を受け、具体的な設備・機器、装置の能力、容量等を計算し、基本設計図、仕様書(技術提案条件書)、設計書等を作成します。

ごみ処理施設、汚泥再生処理センターにおける施設整備基本構想(PDF形式 82KB)

し尿処理施設・汚泥再生処理センターの基本計画(PDF形式 115KB)

し尿処理施設・汚泥再生処理センターの基本設計(PDF形式 96KB)

監理