設計

エネルギー回収推進施設

エネルギー回収推進施設

エネルギー回収推進施設とは、可燃ごみを焼却あるいはガス化して、ごみの減容化と無害化を行うとともに、残渣または溶融固化物に変換する機能を有する施設のことをいいます。

基本計画・基本設計  基本計画では、施設整備規模や処理方式などの計画施設の基本的な枠組みの設定をうけて、「環境保全計画」、「余熱利用システム」、「残渣処理システム」、「施設全体配置計画」、「概算事業費」、「運営管理計画」、「整備工程計画」などの検討を行います。
基本設計では、基本計画を踏まえて今後の施設整備に係る発注条件を設定します。また、生活環境影響調査(場合によっては都道府県条例に基づく環境アセスメント)や都市計画決定に関する協議を行う上で必要となる資料を作成します。

ごみ処理施設、汚泥再生処理センターにおける施設整備基本構想(PDF形式 82KB)

エネルギー回収推進施設の基本計画(PDF形式 94KB)

エネルギー回収推進施設の基本設計(PDF形式 114KB)

監理